低用量ピル飲み忘れ

低用量ピルは飲み忘れを無くすのが一番です

低用量ピルで避妊効果を99.9%にするためには、飲み忘れが無いようにするのが重要になってきます。

 

低用量ピルの飲み忘れをなくすためには、まず朝一番に飲むことをオススメします。

 

起床して一番であれば、仮に忘れたとしても昼食時には飲めるはずです。

 

数時間送れる位なら、問題は殆どないので、朝一番に飲むことをオススメします。

 

逆に夜寝る前にすると、飲みに行ったり、食事に行ったりすることも多いですし、疲れて帰ってきて寝てしまったら、もう朝で時間もかなり経ちますし、もし次の日の朝がバタバタしていたら、慌てて飛び出てしまうかもしれません。

 

飲み忘れから時間があっと言う間に経ってしまいますから、夜飲んでいる場合は、朝飲むようにするだけで、また違ってきます。

 

1日飲み忘れたくらいであれば、気付いた時に服用して、いつもの時間にまた服用する方法で避妊効果は通常通りになります。

 

2日開けた場合は、婦人科に行って相談することをオススメします。

 

低用量ピルのタイプについて
飲み忘れが心配な方は、低用量ピルの28錠タイプを使用すると効果的です。

 

プラセボ錠(偽薬)が付いていますので、とにかく毎日、決まった時間に飲むという週間を付けられます。

 

更に飲み忘れが無いように、薬はいつもカバンの中に入れておきます。

 

飲み忘れに気付いた時にすぐ飲めるように持ち歩きましょう。

 

外出先で気付いても、薬が家にある場合、取りに帰ることも出来ませんので、持ち歩くことが大事です。

 

関連ページ

低用量ピルの効果について
低用量ピルの効果は避妊効果だけでなく、女性にとって様々なメリットをもたらしてくれることは意外に知られていません。
低用量ピルの副作用について
低用量ピルに対して間違った認識を持っていませんか?あなたが知っている低用量ピルの知識は古いタイプのピルと勘違いしているかもしれません。
低用量ピルの価格について
低用量ピルを購入したい時は病院や婦人科に行って医師の診断のうえ、処方してもらうのが一番ですが、費用の面だったり、通院する時間が無いなど、いろいろ悩みも大きくなります。
低用量ピルの避妊効果について
低用量ピルの避妊効果は、コンドーム着用に比べたら比較にならないほど避妊率が上がります。低用量ピルを服用している場合、飲み忘れが無ければ、ほぼ間違いなく妊娠はしないという、避妊確率は99.9%になります。